イベントピックアップ
 蔵王町ふるさと文化会館事業
  加川広重アートプロジェクト
   
 「絵画が伝える,震災の記憶」


  蔵王町出身の巨大水彩画家 加川広重さんの作品を中心に開催する「加川広重アートプロ
  ジェクト」。今年度は「絵画が伝える,震災の記憶」と題し、縦5.4m、高さ16.5mの
  巨大水彩画「南三陸の黄金」と「共徳丸と海」を蔵王町ふるさと文化会館多目的ホールで
  ライトアップ展示します。イベントに合わせ、巨大絵画を描くワークショップを今年は文
  化会館エントランスロビーで開催するほか、昨年度から始まった絵画コンクールの応募作
  品が一挙展示されます。
  会期中の土日祝日に開催される展示会場イベントでは、テーマにちなんだコンサートやシ
  ンポジウムが開催されます。
  
 
 日 時  11月23日(金・祝)〜12月2日(日)
      午前10時から午後5時まで
      ※11月26日(月)のみ休館となります。
 
 会 場  蔵王町ふるさと文化会館 多目的ホールほか
 
 入場料  300円(高校生以下無料)

 主 催  蔵王町教育委員会

 助 成  一般財団法人 地域創造

 お問合せ 蔵王町生涯学習課 電話 0224−33−2018


イベント名 開催日  開催時間  内容 
 「巨大絵画を描こう」 11月24日(土)  13:00〜 加川広重さんにご指導をいただきながら、参加者みなさんで巨大絵画を描きます。
 加川広重氏 
トークイベント 
11月23日(金・祝)  13:00〜 展示作品の解説や、どのようにして作品がつくられたのか等の制作秘話について、加川広重さんがスライドを用いながらお話しします。 
12月2日(日)  13:00〜
展示会場イベント 11月23日(金・祝)   13:30〜  コンサート「鎮魂と再生の響き」
クリスタルボウル演奏:遠藤園子
ソプラノ:松岡万希 テノール:我妻健太
作曲・ピアノ:高橋侑子
11月25日(日)  14:00〜  コンサート×シンポジウム「災害を伝承する装置として」
対談 
巨大水彩画 加川広重
リアスアーク美術館副館長 山内宏泰
演奏
伊達LOW Strings
(仙台フィルの若手二人による低音弦楽ユニット)
チェロ:吉岡知広 コントラバス:名和俊
12月1日(土)  13:00〜 「絵画とクラシックを聴く」
プレゼンテーター 加川広重
作者おすすめのクラシック音楽を聴きながら絵画を鑑賞します。
12月2日(日)   13:30〜 「詩とギターの響き」
詩の朗読
詩人:金子忠政 須藤洋平 千田基嗣
    西田朋 やまうちあつし
クラシックギター演奏:吉田修

 
チラシはこちらからご覧ください
 
☆チラシ@

  ☆チラシA